2016年03月01日

カンボジアで使えるお金って?


スオスダイ!
カンボジアの暑さにも少しづつ慣れてきた私です!

今日はカンボジアで使えるお金について。

カンボジアでは、USドル(アメリカドル)が普通に流通してます。
…というと、外国人相手のお店やホテルだけでしょ?と思うかもしれませんが、
どのお店でも使えるので、USドルを持っていけばOKです!

もちろん現地通貨もありますが、どちらかというと、USドルの補助通貨として使われています。
リエル、という通貨で、2016年2月現在、4,000リエル = 1USドル の換算率です。
基本的に、1USドル未満のお釣りは、全てリエルで返ってきます。

ローカルのお店は、料金がすべてリエルの単位で書かれていることが多いので、
そういったところで食事をしてみたい!と考えている人は、この換算率を覚えておきましょう。

Money.jpg


両替の際に一つ注意して頂きたいのが、細かい単位のUSドルで両替する、ということです。
100USドルを用意するのであれば、100ドル札を1枚!とか50ドル札を2枚!ではなく、
20ドル札1枚、10ドル札5枚、5ドル札4枚、1ドル札10枚、という風に用意して下さい。

なぜかというと、カンボジアの物価は安いので、お釣りが用意できないという理由で
支払いを拒まれてしまうことがあるからです。私自身、6USドルの支払いを20USドルでしたら、
9USドルと20,000リエル(=5USドル)でお釣りが来たことがあります。
20,000リエルなんてあったんだ、ってびっくりしました(笑)

私の場合は、空港で両替をする際、窓口の人が

「どちらに旅行されるんですか?」

と聞いてきたので、「カンボジア」と答えたら、細かい単位のお金で両替してくれました。
旅行先の国によってどう両替するか、マニュアルがあるのかもしれませんね。
万が一50ドル札や100ドル札を渡されたら、その時はもっと細かい単位で
用意するようお願いすればいいと思います。

これで準備はOK!
あとはカンボジアで買い物、食事を存分に楽しみましょ~♪

posted by エヌ氏 at 01:22| Comment(0) | カンボジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

カンボジア旅行・飛行機の乗り継ぎについて ~中国東方航空~


スオスダイ(カンボジア語でこんにちは)!
日中は暑いものの、朝夕はそれほどでもないカンボジア・シェムリアップです。

飛行機の乗り継ぎって結構不安ですよね?
一人旅の場合は特に。

今回は、私がカンボジア・シェムリアップ入りするにあたって利用した、
「中国東方航空」のケースをご紹介します。

日本の空港での手続きに関しては、日本語も通じるし問題ないかと思います。
でも、チェックインの時カウンターのお姉さんに

「カンボジアのビザを事前に取得してもらわないといけないんですよね~…」

と言われたときはめっちゃ焦りました!
でも、確認したもらったら、やっぱりカンボジアの空港取得で問題ないとのこと。
どうやら中国東方航空の規定でビザの事前取得が決められているみたいです。
(でも空港申請の中国人めっちゃいたけど…どういうこっちゃ

そして無事、上海浦東(プードン)国際空港第一ターミナルに到着!

まずは国際線乗り継ぎカウンターへ向かいます。
International Transferの方です!近くに国内線乗り継ぎの出口もあるので間違えないように!)
カウンターの前に設けられているスペースに置いてある出国/入国カードに
必要事項を記入後、列に並び、順番が来たらパスポートとチケットを提示します。

でも結局カードは必要ありませんでした。
今調べたら、2012年3月11日から、一定の条件を満たす国際線=>国際線の乗り継ぎは
入国審査が不要となっていて、私はその条件に当てはまっていたからのようです。

中国東方航空HP

その後セキュリティーチェックを受け、乗り継ぎ便ゲートエリアへ。
免税店、レストラン、カフェなど一通り揃っていますが、意外とこじんまりしてます。

日本食レストランも!
CIMG0711.JPG

スターバックスコーヒーもあります!
CIMG0713.JPG

店員さんには英語も普通に通じたし、クレジットカードも使えます。

無料WIFIもありますが、携帯電話のSMSに送られるコードを使ってか、
あるいはアカウント(?)を使ってかのログインだったので、
私は使いませんでした。
(他の無料WIFIは全部中国語表記だったので、これも断念…)

CIMG0714.JPG

私の場合、韓国料理屋さんでスンドゥブを食べ、スタバでテイクアウトコーヒーを買い、
カンボジアの「地球の●き方」を熟読しながら待ち時間を過ごしました。


いよいよ搭乗口より出発。
バスで飛行機の近くまで移動します。

いざ、カンボジア・シェムリアップへ向けて出発!

CIMG0716.JPG

ちなみに、個別のスクリーンなんてものはなく、機内誌もすべて中国語表記のみです!
機内で時間をつぶせるよう、本やオーディオプレーヤーがあるといいと思います。
いくつか設置されたスクリーンでは、ひたすらアメリカの一般人ドッキリの
番組が流れてました。何気におもしろかった(笑)

到着時間が迫ってくると、機内で入国/出国カードと税関申告書が配られるので、
機内で事前に記入しておきましょう。


無事、カンボジア・シェムリアップ空港へ到着!!
空港でのビザ手続きと一連の流れについてはコチラで~。

posted by エヌ氏 at 00:44| Comment(0) | カンボジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

一人旅の方必見!カンボジア・シェムリアップ空港でのビザ取得と入国の流れ


まず初めに、ブログタイトルを変えました!

今後は、カンボジアに関する情報をアップしていきたいと思いますので、
心機一転、よろしくお願いします!!
※そしてそれに伴い、以前の記事をいくつか削除しましたので、その点何卒ご了承下さい。


ではまず初めのお題は、空港でのビザ取得についてです。

空港でビザ取得!?しかもカンボジア・・・

・・・大丈夫なのか??

というのが出発前の大きな不安でした。
空港に着いてから「発行できません」って言われてたらどうしよう…と。


でも、安心してください。
ちゃんと取得できたし、とても簡単!


まずシェムリアップの空港に着いたら、イミグレーションの手前にある
ビザ申請書を棚から1枚取り、近くのデスクで記入します。
ちなみにデスクにボールペンが備え付けてあります。

とってもキレイなシェムリアップ空港
CIMG0721.JPG

ビザ申請用紙はこちら。
ビザの種類は観光であれば Tourist Visa にチェックを入れます。
(ちなみにビジネスビザは Ordinary Visa です)
CIMG0723.JPG

ビザ申請には証明写真が必要ですので、忘れずにお持ちください!!
写真の大きさはあまり気にしなくてよいかと思います。私も3x4くらいでしたが問題ありませんでした。

用紙記入後、イミグレーションのカウンターで申請用紙、申請料金、パスポート、証明写真1枚を提出。
(観光ビザは$30、ビジネスビザは$35〈2016年2月現在〉)
うっかり写真切っていくのを忘れたんですが、カウンターのお姉さんが切ってくれました。
CIMG0722.JPG


無事ビザをゲット!
(写真は後日アップします。今手元にないので)


その後パスポートコントロール。
パスポートと、機内で記入した ARRIVAL CARD と DEPARTURE CARD を提出。

カードは、出国日が未定であったりかなり先であっても両方記入と提出が必要です!
DEPARTURE CARD の方はビザのページにホチキス止めされ、出国の際に必要ですので、
なくさないようご注意を!

税関申請書とカード。ARRIVAL CARD は税関申告書の下に隠れてます。
CIMG0717.JPG


荷物をターンテーブルから引き取り、税関にて税関申告書提出。
電化製品(パソコンやカメラ、オーディオプレーヤー等)は申告が必要なので記入したんですが、
係員は申告書を受け取ると、内容確認も荷物のチェックもせずそのまま私を通してくれました(笑)
この部分はあまり神経質にならなくていいかも。
CIMG0725.JPG


税関を抜けるとすぐ外に出れます!
お迎えのトゥクトゥクドライバーを探すのに必死で、写真撮り忘れました…。


この記事が、カンボジア旅行を考えている人に少しでもお役に立つことを願いつつ、
今日はこの辺で。


余談ですが、空港職員の方、ほぼ全員業務中にも関わらず
スマホいじりに夢中になっておりました…。

posted by エヌ氏 at 01:56| Comment(0) | カンボジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。